自動車保険の選び方

車を長く利用するに当たり、欠かせないのが自動車保険です。自分は事故を起こさないように気を付けても、事故に遭遇しないとは言い切れません。またどんな場面で車が故障するかもわかりません。保険は入っておくに越したことはないのです。ここでは賢く保険会社を選ぶために、基礎的なことを説明したいと思います。

代理店型自動車保険と通信型自動車保険

自動車保険は、大きく分けて、代理店型自動車保険と通信型自動車保険があります。まずはこの二つの違いについて説明していきます。

代理店型自動車保険とは、自動車保険の代理店に契約をお願いする形式のことを言います。メリットとしては、代理店の営業の方が自分に合った保険を提案してくれるので、自分で調べる手間が省けます。保険は、専門用語がたくさんあり、契約内容も細かいため、一人で決めるのは大変です。保険会社も何社もありますので、ある程度知識のある人に任せたほうが無難です。ただ、代理店を仲介しておりますので、保険料がそれだけ割高になるのが、気にかかるところでしょうか。

一方、通販型自動車保険とは、自動車保険会社のホームページから直接自分で、申し込みする方法のことをいいます。メリットは何より安さでしょう。代理店を介入していないのでそれだけ割安です。ただ自分である程度知識を持って、正しい保険内容を選ぶ必要がありますので、初めての人にはハードルが高いかもしれません。

保険料と補償内容のバランス

保険で気になるのがやはり料金と補償内容です。安いに越したことはありませんが、安ければいいというものでもありません。安心してカーライフを送るために、ある程度充実した補償内容が必要となります。

サービスを充実させればさせるほど、料金は上がっていきます。大切なのは、自分がどれぐらいの頻度で車を利用するかです。利用する時間が長ければ長いほど、事故に遭う確率や、車が故障する確率は上がります。逆に、月に数回しか利用しない人がそこまで手厚い補償を求める必要もありません。自身のライフスタイルを鑑みて、保険内容を選ぶようにしましょう。

補償の優先順位を考える

自動車保険を設定する上で、基礎的なものとして、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者障害保険・車両保険の四つがあります。例えば、交通事故を起こし、最悪なケースで相手を死亡させてしまう。または建物などにぶつかり大きな損害を出してしまうことも考えられます。よって、対人賠償保険・対物賠償保険は無制限に加入することをお薦めします。

搭乗者障害保険は、どれだけ普段同乗者を乗せることが多いかを考えて保険料を組むことが賢明です。機会が多い人は手厚く、めったにないのであれば、そこまで高く設定しなくてもよいでしょう。車両保険については、乗る車の価値が高ければ入った方がよく、年式が古く価値が低い自動車については加入の必要はないでしょう。

保険は、内容がとても細かく、選ぶのに時間がかかってしまいます。まずは自分の生活で車をどれだけ利用するかをきちんと把握し、適切な保険内容とそれに見合った料金のものを選ぶことが、賢い保険会社の選び方です。

Comments are closed.