車検とは?なぜ車検が必要なのか、そしてその費用は?

自動車の維持費として非常に厄介なのが車検です。安全のためとはいえ、大きな負担となってしまいます。

そもそも車検とは、自動車が保安基準を満たす状態にあるかどうかを確認する検査です。
最初の車検は新規車検といって新車購入時に販売店が代行することがほとんどですが、そのあとの継続検査はクルマのオーナーが行なうこととなります。
 車検の有効期間は新規検査で3年、継続検査で2年となり、ステッカーや車検証などで期間を確認することができます。
車検は整備だけならともかく、消耗品の交換や税金などで一度に20万円近くはかかってしまいます。クルマを所持していると、2年おきにそれだけの金がかかるということになり、これからの雇用情勢や景気では非常に厳しいものとなっていくでしょう。

車検の費用には、法定費用と検査・整備費用があります。
法定費用とは、24カ月分の自賠責保険料と自動車重量税、そして印紙代を合計したものです。軽自動車が35080円、普通車であれば57280円以上となります。
 検査・整備費用とは車検の代行手数料と実際の点検費用、さらに消費品や交換した部品の代金とその取り付け工賃です。これはクルマの状態によりますので、まずは見積りをもらっておくことが重要です。決して安くはないお金が絡むことですので、いくら付き合いがある業者だといっても、そこはしっかりしておかないと後々にわだかまりを残してしまいます。

 車検には点検や整備項目など多岐にわたって法律で定められているので、これを行なうには専門的な技術と知識が必要です。自分でやってしまうという人もいますが、多くの場合はクルマの購入時のショップなど、付き合いがあり信用できる業者に依頼するようにします。安さに惹かれて車検だけを安い整備工場に出してもあまりいい事はありません。
 最近は新車購入時に整備や車検にお得なオプションを付けてくれることもあるので、車検のことも考えてクルマ選び・購入店選びをすることが大切になってきます。

 車検の日数は状況によります。ディーラーでの車検で消耗品の交換で済めば1日で終わることもありますが、部品交換となると必要なものを揃える時間もありますので1週間以上ということもあります。いずれ、代車を貸してくれるので生活する上での不便はないでしょう。

 多くの出費があり非常に面倒な車検ですが、法律で定められていることであり、また安全な運行のために必要なことです。必ず車検は取っておくようにしましょう。

Comments are closed.