新車の値引き交渉でのポイント

新車を購入したい!
でも新車は高いですよね。中古車と違って新品だから値切れないだろうし…。
そんな風に諦めている皆さん、実は、新車でも値切ることができるのです。

新車を値切るとはいったいどういった方法か、気になる方は記事を読み進めてください。

結論から言うと、この方法を試すだけで誰でも間違いなく1万5千円から3万円の間の費用を浮かすことができます。

では早速その内容について調べていきましょう!

今回ご紹介する新車の値切り方、それは車本体の価格を落とすのではありません。
車の購入にかかるある費用を抑えるといった方法です。
自動車の購入には実は色々な諸費用がかかっています。その中でも確実に費用を浮かせることができるのが、

納車費用」と「車庫証明取得代行費用」です。

この二つを自分ですることで、費用を浮かせることができます。
ごくまれに、こういった費用を取らないディーラーショップもあるようですが、圧倒的に少数ですので期待はできません。

納車費用は見てそのままです。納車の際に、あなたが自分で車を取りに行けば、この費用を抑えることができます。
納車費用と言ってもそんなに掛からないでしょ?と思う人もいるかも知れませんが高いところでは二万円も請求してくるようなところもあります。
これくらいの手間なら、自分で納車をしに行って省いた方がお得ですよね。

次に車庫証明取得費用。これは、警察に車庫証明の取得をしに行くことになります。
合計二回は最低でも警察に行かないといけないので、ちょっと面倒に感じるかも知れませんが、この費用も二万円近くかかりますのでできればご自分で行った方がいいでしょう。

車、特に新車の購入時になると費用が大きいため、こういった諸費用を甘く見がちです。
でも、ちょっと考えてみてください。
例えば、納車費用と車庫証明取得費用合わせて三万円浮いたとしましょう。

三万円あったらかなりのことができますよね?
お小遣い制のサラリーマンの方になると一か月分のお小遣いに相当する可能性もありますし…。

車の購入時には、こういった諸費用の値切りのほかに、もちろん本体価格をバッサリと値切る方法もあります。

値切りをするのはタダです。
タダで少しでも費用が安くなるなら値切らないともったいなすぎます。
新車購入でも同じで、たくさんの情報が今は後悔されていますので是非挑戦されてみてください。

思っていた以上に新車の購入費用が安くなるかもしれませんよ!

Comments are closed.