中古車と自動車保険

中古車の購入を考えている人は珍しくないはずです。
自動車は購入したいけど新車での購入はちょっと難しい。
そのような場合中古車という選択肢になるかと思うのですが、中古車を購入する際には自動車保険の事も考慮しておかなければならないでしょう。
中古車だから保険に加入しなくても良いなどという事はありません。

中古車でも新車でも「自動車」である事は変わらないのですから自動車保険の事もしっかりと考えなければならないのですが、中古車で気を付けなければならないのはあまりにも古い車種の場合自動車保険に加入出来ないケースがあるという点です。

古い車種ですと何が起きるか解らないという判断を下されているのでしょう。
そのため、保険会社としてもあまり加入させたくないのです。
人間で言えば重病の人を保険に加入させるようなものですので、中古車を購入する際には、自分が購入を考えている車種が保険に加入出来るのかを予め調べておかなければならないでしょう。

最近では任意保険に加入せずに自動車に乗っている人も多いようですが、事故は何時起きるか解らないものです。
これは中古車・新車だからといった部分は関係ありません。
保険は保険なのです。
保険は購入代金とは別で維持費がかかりますので、敬遠したくなる気持ちも解らなくはないのですが、もしもの時の事を考えた場合、保険に加入していないのは危険すぎます。

保険に加入せずに事故を起こしてしまうと、全て自分で支払わなければならないのですが、その額は数万円レベルではありませんから、気を付けなければならないでしょう。
特に中古車で保険に加入する場合、お金をかけたくないから中古車という選択となったのに保険のおかげで高くついてしまうケースもあります。
ですから中古車を購入する前に保険がどれくらいの価格になるのか、自分が購入を考えている車種は保険に加入する事が出来るのかといった部分は調べておくべきでしょう。

走行距離の長い中古車の場合、何が起きるか解らないリスクもあります。
必ず何かが起きるという事ではなく、走行距離の短い自動車に比べればリスクが高いのですから、保険の存在がより大きいものになってくれるでしょう。
保険は「いざ」「もしも」の時のために加入するものです。
中古車の場合「いざ」「もしも」が新車に比べて可能性が高いのですから、中古車だからこそ自動車保険をしっかりと選ぶべきとも言えるのではないでしょうか。

Comments are closed.