車の買取と下取りの違い

車の買取

車を買い替える時にはそれまで乗っていた愛車は下取や買取に出す場合が多いでしょう。その下取価格に疑問を持ったことはないでしょうか?

新車を買う場合ならディーラーで下取価格も含めた見積書を提示されることが多いと思います。商談の際に「値引きはこれが限界です。けれども特別に下取り価格をオマケします」なんて言われて納得してしまった経験のある方も多いのではないでしょうか?

元来は新しい車を買う店(新車ディーラーなど)で下取りしてもらうのが殆どでしたが、近年は買取専門店がたくさん出来たこともあり、専門店に買取に出すことも多くなってきています。
買取専門店の場合はオートオークションなどのデータもしっかり調査・分析している場合が多く、ディーラーでの下取に比べると査定価格は高いことが多いようです。

買取相場

価格相場
中古車市場は日々刻々と値段が変化しています。従って買取価格の相場も常に変化しています。

車の買取相場を知っておくのは最低限必要なことです。悪質業者にだまされないためにも凡その相場を知っておくべきです。

買取査定の準備

査定の準備
車を買取に出す際はキレイにしておくに越したことはありません。査定するときは車の事故歴やキズ・へこみなどの状態をチェックする以外に、車のきれいさも重要な要素として見るからです。

一般的にきれいに乗られている車は、丁寧な扱いを受けている場合が多く、整備状態など手入れも行き届いていると考えられるのです。

車の買取に関連する他サイトの情報

ボディカラーと買取価格色の好みは国や地域によって違うのですが、日本では昔から白と黒に人気が集まっており特に白は流行などに影響されることが少なく安定した人気を集めています。

買取と下取りの違い(ガリバー)中古車の「買い取り」も「下取り」も、乗らなくなったクルマを引き取ってもらうことには変わりがありませんが、その仕組みなどには大きな違いがあります。

Comments are closed.